RECRUIT

菱山 はるか 菱山 はるか

菱山 はるかHARUKA HISHIYAMA

MIRROR MIRROR 表参道店

ドレスコーディネーター・アシスタント

「 ドレスコーディネーターとして、人として“学ぶことがたくさんある職場”です」

「 ドレスコーディネーターとして、人として“学ぶことがたくさんある
職場”です」

PROFILE
1995年3月生まれ。高校卒業後、アパレル会社にて勤務。一生の思い出に残る一日に着る“ウェディングドレス”に携わりたいと、2017年MIRROR MIRROR 表参道店にドレスコーディネーター・アシスタントとして入社。

技術や知識を身につけ、
ドレスコーディネーターになるための“準備段階”

ドレスコーディネーター・アシスタントの仕事は、ドレスコーディネーターがお客様の接客をスムーズに行うためのサポートです。お客様のお出迎えからお茶出し、ご試着されるドレスの準備やフィッティングのサポートなど常にお客様を担当しているコーディネーターが今何を欲しているかを考え先回りして行動します。また、ご新郎様やご両親様の衣装をコーディネートさせていただくこともあります。週末の土日には、2週間後にお式を迎えるお客様約30組分のドレスやタキシード、列席者衣装、小物を店頭からピックアップして、式前クリーニングに出します。アシスタントは、ドレスコーディネーターになるための準備段階。お客様への接し方、気配りの仕方、ドレス、結婚式の知識などを先輩方から学んでいく時間。また、段階を追ってたくさんのテストを受け合格しなければドレスコーディネーターにはなれません。厳しい道のりですが、技術や知識が確実に身についていくのを実感できるのが嬉しくもあります。今まで自信のなかった私ですが、できること、任せてもらえることが増えるたびに自信を持って進めるようになりました。

技術や知識を身につけ、ドレスコーディネーターになるための“準備段階”
ドレスコーディネーターとして、人として“学ぶことがたくさんある職場”です

ドレスコーディネーターとして、人として
“学ぶことがたくさんある職場”です

職場の雰囲気は、とても穏やかで、和気あいあいとしています。マネージャーも先輩も同僚も、みんな楽しそうに働いているからか、キラキラ輝いて見えます。入社当初は、分からないことを素直に聞けない場面もありました。けれど、マネージャーがとまどっていることをすぐに察してくれ、「どうしたの?」と先に声をかけてくれたのです。その後もことあるごとに声がけしてもらったおかげで、お店にも早く馴染めました。ミスをしてしまったときは、何でそうなったのか、どうしたら同じことが起きないのかを先輩方が一緒に考えてくれ、営業後には自主練習に付き合ってくれます。ドレスコーディネーターとしてはもちろん、人として学ぶことも多い職場。1日でも早く、先輩方のように目の前にいるお客様に寄り添えるドレスコーディネーターになるのが私の夢です。

菱山 はるか

OTHER INTERVIEWその他インタビュー

ご予約